"文化の違いを埋め、アジアのお客様をサポートすることが使命"

2021年以降、コレンズ株式会社とインビジョンの協力関係があります。その進捗状況やメリットについて、コレンズの営業担当である小山内崇さんにお話をうかがいました。

Share this article:

コレンズは、ヨーロッパの機械メーカー約150社の代理店であり、それらの機械を日本でサポートする高い専門性を持った従業員を170人抱えています。ドイツ人と日本人の経営陣が、ヨーロッパの顧客と日本の顧客の双方の商習慣や要望を同等に考慮し、尊重することを保証している。プロフェッショナルは、代理店である企業へ出向き、製品について学んだ後、インストール、メンテナンス、トラブルシューティングを提供します。このサービスは、日本全国のお客様から高い評価を得ている。

日本から機械を買ったような気がする」「いつも頼りにしている」。それが大きな意味を持っているのです"

株式会社コレンズ 営業担当 小山内隆史

提携のメリット

これまでの協力関係の進展について、コレンズ協力はどのようなことを言えるのだろうか。

「製品に絶対的な自信を持っている」と小山内氏は言う。「私たちが求めていたのは、他にはない製品です。販売会社が常に求めているのは、独自のセールスポイントであり、インビジョンはこの強力な光源を持っている。独自の光源を持つことで、他のDLPプロジェクションメーカーとは一線を画している。今は、アジアのお客さまに機械を紹介する段階です。そのため、グントラムスドルフの営業部門と常に連絡を取り合い、In-Visionから大きなサポートを受けています。"

なぜ、アジア市場にとって、このような協力体制が重要なのでしょうか。

"アジア諸国には独特のビジネス文化があります。Corrensは、双方のプロセスを理解し、文化の違いのギャップを埋めようとしています。交渉には異なるダイナミズムがあり、誤解をすぐに回避することができる。社員はよく訓練されていますし、企業文化も素晴らしいので、たいてい会社に留まってくれます。

技術面では、欧州の方が日本より進んでいる分野もあります。この協力体制は、日本やアジアのお客さまにも、最高の技術力で自国のイノベーションを展開する可能性を与えてくれます。

かつてヨーロッパのメーカーは、日本に事務所を構えて機械を販売しても、結局は自分の国に帰ってしまい、お客さまは取り残されてしまった。私たちはそんなことはありません。私たちは、お客様をほったらかしにするようなことはしません。インビジョンとコレンズコーポレーションは、この心配りにおいて、同じ価値観を共有しているのです。"

"この協力により、日本やアジアのお客様にも、最高の技術の可能性を持って、自国でイノベーションを展開する可能性を提供することができます。"

アジアにおけるDLP UV印刷の展開

アジアにおけるDLPプリンティングのソリューションの可能性について、小山内氏は「これからの製造工程は、例えば射出成形のような保守的な製造工程に代わっていくでしょう」と語る。日本では、すでに新しいプロセスを理解したスタートアップがたくさんあります。大手メーカーがこの流れに乗るのは時間の問題でしょう。新しいプリンターと新しい材料は、より広い応用範囲に提供され、大手メーカーも3Dプリンティングのトレンドに加わることになるでしょう。しかし、その前に、小さな会社には多くの仕事があります。

現在、日本でDLP方式を採用している印刷会社は3、4社しかありません。その中で、インビジョンのように光源を自前で作っているところはありません。強力なUV DLPプロジェクターが製品化されれば、日本市場を大きく後押ししてくれるでしょう。アジアには、自動車、電機、ゲーム機、工作機械など、3Dプリンターのユーザーとなりうる有力メーカーが揃っています。ハイエンドの分野では、私たちが道を切り開き、アカデミーの研究者に働きかけなければなりません。DLPプリンターが将来的に普及するのは、メーカーが気づくまでの過程です。日本は海外から技術を輸入し、それを改良するのが得意な国であることは、歴史が証明しています。市場が確立されれば、製品も大きく出回るでしょう。日本は間違いなく、次の世界的な印刷のリーダーになれるでしょう。"

小山内崇について

2010年に入社し、セールスエンジニアとして日欧間の輸出入業務に携わっている。専門分野は、光学、機械、電気。

コレンズの歴史について

株式会社コレンズは、ドイツ人社長クラウス・コレンス氏によって1948年に東京で設立され、以来、ヨーロッパの一流機械や特殊部品の日本への輸入に力を注いできました。第二次世界大戦後、ドイツ国民は本国へ送還され、日本におけるドイツ関連の事業活動はすべて停止されました。C.コーレンス商会は、ドイツ企業として初めて事業の再開を許され、戦後の日本の復興を支えた。現在でも、当時の起業家精神は当社の企業文化の一部となっています。